若狭塗

若狭塗は、慶長年間(1596〜1615)に小浜藩の漆塗師・松浦三十郎が中国の塗芸を模倣して制作したのが始まりといわれています。三十郎は、若狭の海底の美しさを意匠化し、「菊塵塗」などの技法を案出しました。
 現在の卵殻金箔押法は、前記の塗法を基に萬冶年間(1658〜1661)に始められたもので、時の藩主酒井忠勝が
「若狭塗」と命名し、これを保護・奨励しました。
 明治以後も若狭の特産品として人気を得、昭和53年(1978)には、国の伝統的工芸品の指定を受けています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

20